日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

【党創立96周年記念講演会】いま日本共産党綱領がおもしろい―激動の情勢のもとでの生命力

この記事は約1分で読めます。

不屈の歴史引き継ぎ、強く大きな党を

日本共産党は11日、東京都中野区の「なかのZEROホール」で党創立96周年記念講演会を開きました。

志位和夫委員長の講演を聞く人たち=11日、東京都中野区(「しんぶん赤旗」提供)

志位和夫委員長が「いま日本共産党綱領がおもしろい―激動の情勢のもとでの生命力」と題して講演。

希望ある変化をはらむ内外の大激動の情勢のもとで日本共産党の綱領が大きな生命力を発揮していることを明らかにし、綱領実現のためにも強く大きな日本共産党をつくろうと呼びかけました。

緒方靖夫副委員長が司会を務め、総がかり行動実行委員会共同代表の高田健さん、「市民連合」呼びかけ人の中野晃一さんがあいさつし、熱い連帯のエールを送りました。会場の大ホールはいっぱいになり、全国1061カ所の会場でネット中継が視聴されました。

 ➡志位委員長講演記事はこちら
 ➡志位委員長講演[全文]はこちら
 ➡高田健さん、中野晃一さんのあいさつ記事はこちら

(2018年7月12日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました