日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

【都議会】受動喫煙防止条例案の審議/21日に参考人招致へ

この記事は約2分で読めます。

東京都議会厚生委員会は12日の理事会で、都の受動喫煙防止条例案の審議を深めるため、都医師会や飲食店業界の代表の参考人招致を21日に行うことで合意しました。

日本共産党の和泉なおみ都議が提案したもので、20日の委員会式に決定します。

条例案は、従業員を雇用する飲食店は原則屋内禁煙とし、飲食を認めない「喫煙専用室」でのみ喫煙を認めると規定。

客席100平方メートル以下の飲食店は喫煙可能とした健康増進法改定案より厳しく規制するとしています。

和泉都議は参考人招致とともに、インターネット中継が可能な予算特別委員会室での開催を提案しましたが、合意に至りませんでした。

「基地対策特委を」共産党が設置提案

2017年3月5日飛来したCVオスプレイ

2017年3月5日飛来したCVオスプレイ

日本共産党都議団は12日に開かれた都議会の議会運営委員会理事会で、米軍基地対策特別委員会の設置を提案しました。

特別委は、都民から墜落の危険性など不安の声が高まっている米空軍オスプレイの横田基地配備計画をはじめ、都内の米軍基地問題について調査し、必要な対策を審議するもの。

提案は15日の理事会で協議する予定です。

(2018年6月13日付「しんぶん赤旗」より)

 ➡東京都受動喫煙防止条例(仮称) 骨子案について[PDF、東京都webサイト]

タイトルとURLをコピーしました