日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

青年学生のみなさんへ/日本共産党への入党の呼びかけ

この記事は約3分で読めます。

◆ PDFデータはこちら


野党と市民の共闘で安倍政権を打倒し、 新しい政治への転換を あなたの入党を心からよびかけます

7月2日投票の東京都議会議員選挙で、自民党は歴史的大敗を喫しました。一方で日本共産党は、17議席から19議席へ伸ばすことができました。安倍政権の憲法破壊、政治の私物化などに、都民の怒りがふきだした結果です。
もはや、安倍政権に日本の政治をになう資格はありません。日本共産党は、すみやかな解散・総選挙を強く求めます。総選挙で、野党と市民の共同で、自民・公明と補完勢力を少数においこむときです。
平和と民主主義、若者が大切にされる新しい日本をつくるために、あなたが日本共産党に入党されることを心からよびかけます。

■9条改憲を許さないたたかいを一緒にひろげましょう
「憲法9条に自衛隊を明記し、2020年までに新憲法を施行する」(5月3日、安倍首相)―この号令のもと、自民党は11月にも国会に改憲案を提出すると、改憲へつきすすんでいます。
青年・学生・市民が反対の声を大きくあげ、国連からも懸念が寄せられる中、個人の内心に踏み込み、もの言えぬ暗黒社会をつくる「共謀罪」法案を、委員会採決を行わないという暴挙で強行したことも絶対に許されません。
「憲法変えるな、政治をかえろ」と各地で若者が声をあげ、立ち上がっています。憲法改悪を許さないたたかいを大きく広げましょう。

■野党と市民の共闘で安倍政権退陣へ
安倍政権を退陣させ、9条改憲をとめる決め手は、野党と市民の共闘を発展させること、そして日本共産党を大きくすることです。
昨年の参院選で、日本共産党の呼びかけをきっかけに、戦後初めて「野党と市民の共闘」が実現し、11選挙区で勝利するなど、重要な成果をあげました。
野党4党は、「安倍政権のもとでの憲法改悪に反対」「アベノミクスが広げた格差と貧困の是正」などの政策で合意し、さらに協議を重ねています。国民の願いにこたえる〝大義〟の旗と、〝本気〟の共闘をつくれば、必ず勝利できます。
総選挙で、安倍政権を退陣させ、野党連合政権を実現しましょう。

■市民の力がダイナミックに世界を動かす時代 「核兵器禁止」を現実のルールへ
世界はいま、巨大な変化を遂げています。広島・長崎の被爆者が70年以上訴えてきた核兵器廃絶の願いが、120か国以上の賛成で「核兵器禁止条約」として実を結びました。人類は初めて核兵器に「悪の烙印」を押しました。
一方で日本政府は、アメリカの核兵器を容認する立場からこの条約に反対しました。日本政府の態度に、世界各国から非難が寄せられています。
この条約を決める国際会議には、各国代表と共に、日本と世界の被爆者、市民運動、日本共産党も正式構成員として参加し、共に議論を重ねました。平和を願う市民の営みが世界政治を動かす、新しい時代です。

■誰も足を踏み入れたことのない世界へ 主人公になって政治を変えよう
野党と市民の共闘は、戦後の日本の政治で初めての出来事です。全世界の平和の力を集めて核兵器禁止条約をつくったのも、戦後の歴史で初めての出来事です。日本の政治も、世界の政治も、「未踏の領域」に踏み出しつつあります。そして、その開拓者として、たくさんの若い世代が活躍しています。この「未踏の領域」を切り拓くチャレンジに、あなたも踏み出しませんか。
あなたが日本共産党員になるということは、「人間らしい働き方をしたい」「安心して大学で学びたい」「国民の声が生かされる政治をつくりたい」という、あなた自身の願いをかなえる生き方です。自らの幸せと社会進歩を重ねた生き方こそ、あなたの力がもっとも生かされる生き方ではないでしょうか。
18才以上の日本国民で綱領と規約を認めれば、入党できます。人類の誰もが経験したことのない激動の時代に、日本共産党の一員として、仲間と力をあわせ、希望ある未来をともにひらこうではありませんか。
あなたの入党を心から呼びかけます。

タイトルとURLをコピーしました