6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

稼働ゼロ1年 廃炉が民意

この記事は約2分で読めます。

官邸前行動

首都圏反原発連合(反原連)は12日、117回目の首相官邸前抗議行動をおこないました。昨年9月15日に国内すべての原発が止まり、もうすぐ稼働ゼロ1年を迎えます。ときおり雨が降るなか、1800人(主催者発表)の参加者は「川内(せんだい)原発再稼働反対」「原発やめろ」「原発廃炉」のコールを響かせました。

(写真)「川内原発再稼働反対」「原発やめろ」と声をあげる人たち=12日、首相官邸前

(写真)「川内原発再稼働反対」「原発やめろ」と声をあげる人たち=12日、首相官邸前

この日は、「原発稼働ゼロ1年 これが民意!」と書いたプラカードや、原子力規制委員会が10日に決定した川内原発についての審査書の撤回を求めるプラカードが登場しました。

東京都世田谷区の男性(64)は「原発はこれからもずっと止まっていてほしい。政府は再稼働を狙っているが、“再稼働反対”の声をみなさんと上げ続けたい」。

千葉県南房総市の男性(71)は「川内原発の再稼働を政治家と財界が平気な顔をして進めようとするのは、恥ずべきことだ」と憤りました。

就職活動で長崎県から来ていた女子学生(21)は、父親に誘われて初めて参加しました。「原発が一つも動いていないと知ってびっくりしました。就活中の学生は、日本の成長のためにもっと電力が必要で原発も仕方ないと思っていたりするので、ここできちんと勉強したい」と話しました。

日本共産党の笠井亮衆議院議員と吉良よし子参議院議員は、原発ゼロめざす首相官邸前行動に参加し国会正門前でスピーチしました。詳しくはこちら

(写真)コールする笠井(右)、吉良の両議員=12日、国会正門前

(写真)コールする笠井(右)、吉良の両議員=12日、国会正門前

(「しんぶん赤旗」2014年9月13日付掲載記事より)

タイトルとURLをコピーしました