日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

23区マンション 初の1億円超え

この記事は約1分で読めます。

❚ 年間平均価格

 不動産経済研究所が25日発表した2023年の東京23区の新築マンション平均価格は1億1483万円となり、年間で初めて1億円の大台を超えました。港区などの都心部で超高額物件が多く売り出されたのが主因。首都圏(東京都、神奈川、埼玉、千葉各県)全体の平均価格も8101万円と過去最高を更新しました。建設費や人件費の高騰も価格を押し上げました。

 23区の平均価格は前年比で39・4%上昇しました。バブル経済末期の1991年に付けた最高値(8667万円)を大幅に上回り、過去最高を更新。昨年は最高額が45億円の「三田ガーデンヒルズ」(港区)をはじめ、富裕層向けの1億円以上の高額物件が23区の発売戸数の3割超を占めました。

 発売戸数は、東京23区が10・3%増の1万1909戸。首都圏全体では9・1%減の2万6886戸でした。(時事)

(しんぶん赤旗2024年1月27日付より)

タイトルとURLをコピーしました