6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

企業・団体献金 政党支部を利用

この記事は約2分で読めます。

自民・平氏2674万円 公明・山口氏408万円

東京都選挙管理委員会が15日公表した2022年分政治資金収支報告書では、自民党、公明党などの国会議員、都議らが政党支部を使って企業・団体献金を集めていた実態が分かりました。

都22年政治資金

国会議員で最も多額の企業・団体献金を受け取っていたのは自民党の平将明衆院議員(東京4区)で、各地の水産・青果市場関連会社や大手ホテルチェーン運営会社、不動産会社などから計2674万円を受け取りました。
昨年参院選で初当選した同党の生稲晃子参院議員(東京選挙区)は、大手パチンコ機メーカーから10万円を、朝日健太郎参院議員(同)は同メーカーの会長から10万円をそれぞれ受け取りました。
同党の長島昭久衆院議員(東京比例)は、東京五輪をめぐる汚職事件で逮捕・起訴された大会組織委員会の高橋治之元理事側から自民党第18選挙区支部と資金管理団体「長島昭久を育てる会」で受け取っていた計65万円を返金しました。
都議で最も多額の企業・団体献金を集めたのは今年10月に死去した自民党の高島直樹都議(足立区)で、計891万円を集めていました。2位は同党の小松大祐都議(世田谷区)で、世田谷区の企業や、立川市の産業廃棄物処理会社などから計489万円を受け取りました。
自民党の東京都宅建支部は都内の不動産会社239社から計1266万円を集め、事務所が同じ住所にあり代表者も会計責任者も事務担当者も同じ「東京都宅建政治連盟」に1285万円を寄付。同連盟は自民党、公明党の国会議員や都議、小池百合子知事の政治団体に「会費」「寄付」として支出していました。
自民党の国会議員、都議約20人がタクシー業界団体「東京ハイヤー・タクシー協会」から各10万~20万円の献金を受けていました。
公明党の山口那津男代表(参院東京選挙区)は大手家具販売会社や江戸川区の運送会社などから計408万円を受け取りました。

(「しんぶん赤旗」2023年11月17日付より)