6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

神宮外苑再開発は撤回を

この記事は約2分で読めます。

イコモスが文化遺産危機警告(ヘリテージ・アラート)

 文化遺産の保存に取り組む国際的な専門家のネットワークのイコモス(国際記念物遺跡会議、パリ本部)は7日、明治神宮外苑(東京都新宿・港区)の再開発事業を直ちに撤回し、都市計画決定を見直すことなどを求める「ヘリテージ・アラート」を発表しました。

(写真)伐採予定のイチョウ並木の一部=東京・神宮外苑

 同事業は三井不動産、明治神宮、伊藤忠商事、日本スポーツ振興センターが事業者で、樹齢100年の歴史のある多数の樹木を伐採し、神宮球場と秩父宮ラグビー場を移転し、超高層ビルを建設するもの。都が施行を認可して樹木伐採の準備が進んでおり、多くの専門家、著名人、国内外の市民から批判の声が上がっています。

 アラートは、神宮外苑は市民の寄付と自発的な行動によってつくられた世界の都市公園史上類を見ない優れた文化遺産だと強調。事業者には、再開発事業を直ちに撤回し、社会的・倫理的責任を果たすよう求めました。

 東京都には、計画の環境影響評価には根本的な欠陥があり、再検討すべきだと指摘。関連する都市計画決定の見直しを求めました。

 アラートは、東京だけの問題とせず、日本政府が介入することを要請。港、新宿、渋谷の各区に神宮外苑の名勝指定へ努力することを求めました。

 アラートは、事業者と岸田文雄首相と各関係大臣、小池百合子都知事、各区の区長らに送られました。

 イコモスは過去に「高輪築堤(ちくてい)」(港区)や「出雲大社庁の舍(や)」(島根県)の保存を求めるアラートを出しています。

 イコモス(国際記念物遺跡会議) 文化遺産の保護と保全のために活動する国際NGOで、ユネスコの諮問機関。建築家、歴史家、考古学者、美術史家などの専門家のネットワークで、132カ国に会員を持ち、日本にも会員がつくる国内委員会があります。

(「しんぶん赤旗」2023年9月9日付より)

タイトルとURLをコピーしました