日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

品川で日本共産党労働者後援会が宣伝

この記事は約1分で読めます。

総選挙で共産党伸ばそう

労働者後援会と訴える山添拓参院議員=23日、東京・品川駅(しんぶん赤旗提供)

全国全都の日本共産党労働者後援会は23日、東京都の品川駅前で山添拓参院議員、里吉ゆみ都議とともに「悪法が強行可決されたが、実施を許さない運動を大きくしよう。解散・総選挙で岸田政権と悪政4党連合に審判を下そう」と訴えました。

山添氏は「大軍拡・大増税の道に進んではならない。日本共産党は日中関係の前向きの打開のための提言を発表し、日中両政府に働きかけている。アメリ力言いなり・財界のもうけ最優先の政治を変え、新しい政治をつくろう」と訴えました。

里吉氏は「コロナと物価高で都民の暮らしは切実。政治の責任で学校給食費無償化実現を。教育費負担軽馘へ全力を尽くす」と語りました。

映画演劇労働者後援会の代表は「インボイスが導入されれば廃業に追い込まれる人がさらに増える。日本共産党を伸ばそう」と訴えました。

全都福祉保育労働者後援会の代表は「ケア労働者の処遇改善は、物価高や仕事に見合っていない。結婚や子育てをするためには賃上げが必要だ。保育現場の声を国に届けてくれるのは日本共産党だ」と話しました。

(「しんぶん赤旗」6月27日付より)

タイトルとURLをコピーしました