日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

多摩地域住民 血中から高濃度PFAS

この記事は約2分で読めます。

「横田基地も汚染源」

米軍横田基地周辺をはじめ東京都多摩地域の水道水などから、発がん性や免疫抑制など健康影響が指摘される有機フッ素化合物(PFAS)が検出されている問題で、国分寺・立川など8市で住民の血中から高濃度のPFASが検出されたことが8日、分かりました。

住民でつくる「多摩地域の有機フッ素化合物汚染を明らかにする会」が記者会見し、昨年11月~今年3月に27区市町村の650人から採取した自主血液検査の結果を公表しました。

これによると、ほぼ全ての人からPFASを検出。平均血中濃度はPFOSやPFOAなど4物質の合計で1ミリリットル当たり23.4ナノグラムと、米国学術機関「科学アカデミーズ」が設けた健康リスク指標値(7物質合計20ナノグラム)を上回りました。

10人以上から採血した20市町632人で見ると、国分寺市で4物質計45.0ナノグラム、立川市28.6ナノグラム、武蔵野市27.2ナノグラムをはじめ8市で平均血中濃度が米国の指標値を上回りました。国分寺市では採血者の94%、立川市では74%が指標値を超えました。

検査結果を解析した原田浩二・京都大学准教授は汚染源について「フッ素を扱う工場や、空港・石油コンビナートなど泡消火剤を使った場所が考えられる。上流側と下流側の濃度差を考えると、横田基地は汚染源の一つだ」と指摘しました。

「明らかにする会」は今後、200人の追加血液検査、井戸水や湧水などの水質検査を予定。社会医療法人社団健生会では、血液検査した人を対象に相談外来を行っています。

(「しんぶん赤旗」6月9日付より)

タイトルとURLをコピーしました