日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

【ビラ】発がん性物質PFASから水の安全を守れ

この記事は約1分で読めます。

汚染源の究明と汚染状況の調査を
発がん性が疑われる有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)が東京都の横田米軍基地の周辺など多摩地域の井戸水や水道水から見つかっている問題で、日本共産党と住民は15日、汚染源の究明と汚染状況の調査を国に求めました。

タイトルとURLをコピーしました