高輪築堤の保存について文化庁の担当者から聞き取りを行う吉良氏(正面右端)と住民ら=13日、東京・参院議員会館(しんぶん赤旗提供)

日本の鉄道開業期の遺構である高輪築堤(たかなわちくてい=東京都港区)がJR東日本の大型再開発で破壊されている問題で、日本共産党の吉良よし子参院議員は13日、文化庁から聞き取りを行いました。周辺住民や研究者でつくる「高輪築堤の全面保存を求める会」の人たち、党港区議団も同席しました。

高輪築堤は、1872年に旧新橋駅―横浜駅間で鉄道が開業した際、石組みなどの日本の築城技術も活用して、海上で延長約2・7キロにわたり堤防を築いて造られた日本最古の海上鉄道遺構です。その後、周囲が埋め立てられましたが、2019年の品川駅改良工事で石垣の一部が発見されました。

多くの歴史学研究団体やイコモス(国連教育科学文化機関=ユネスコ=の諮問団体)などが築堤の保存を求めていますが、JRは再開発1~4街区で築堤の大部分を「記録保存」にとどめ破壊しています。

聞き取りで参加者が「築堤は当時の土木技術の素晴らしさを示しているが、壊してしまえば復元できない。JRは発掘現場の見学会も広く公開していない。今後再開発する5・6街区では、築堤を保全すべきだ」と訴えました。

文化庁の担当者は「懸念をJRにしっかり伝えたい。1~4街区と同様にならないよう反省を生かし、保存できるよう頑張りたい」と答えました。

吉良氏は「高輪築堤は貴重な文化財。全面保存に近づけるよう努力を」と求めました。

(しんぶん赤旗2023年1月16日付より)