日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

大軍拡・大増税ノーを 東京・豊島 党労働者後援会が宣伝

この記事は約1分で読めます。

全国全都の日本共産党労働者後援会は13日、東京都豊島区の池袋駅前で笠井亮衆院議員、とくとめ道信都議とともに「岸田政権の大軍拡・大増税ストップを!統一地方選挙勝利で日本共産党を大きく」と訴えました。

「しんぶん赤旗」を「これから会社で読みます」と受け取る人もいました。

笠井氏は「アメリカいいなりの大軍拡に、河野洋平氏ら自民党の重鎮からも次々と批判の声が上がっている。大軍拡・大増税ノーの声を一緒にあげよう。『新しい戦前』にさせないために反戦平和を100年貫く共産党を大きく。専守防衛を投げ捨てるのなら、解散・総選挙で信を問うべきだ。統一地方選挙で審判を下そう」と呼びかけました。

とくとめ氏は「今年は、戦争か平和かをめぐる重大な年だ。岸田政権の大軍拡・大増税で、軍事栄えて民滅ぶ日本にしてはならない。まっとうな政治にかえるために、日本共産党は101年目の今年も頑張る」と訴えました。

港区職員後援会の吉川貴夫さんは「共産党の外交ビジョンは外交努力で平和をつくる展望を示している。反戦平和を貫いてきた共産党を大きくし、統一地方選挙で支援を」と話しました。

(しんぶん赤旗2023年1月14日付より)

タイトルとURLをコピーしました