11月6日大集会 物価高騰対策と消費税減税 インボイス実施中止求める

11.6大集会

コロナ禍と物価高騰による中小業者の危機を打開するため、消費税減税とインボイス(適格請求書)制度の実施中止を求める大集会が6日に東京都港区の芝公園(集会広場)で開かれます。主催は、全国商工団体連合会、全国保険医団体連合会、全国FC加盟店協会などでつくる全国中小業者団体連絡会(全中連)。

集会には「インボイスは文化産業の基盤を揺るがしかねない無謀な施策」だと抗議する映画演劇の労働組合、「紙代の値上げが続き倍近くに上がった。本の値段を上げざるを得ない」と危惧する出版の団体をはじめ建設、映画監督、医師、フリーランスの団体・個人が訴え。国会議員があいさつします。

物価高騰対策、消費税減税とインボイス中止を求め、マイナンバーカードの取得強制に反対する11.6大集会

6日(日)午後1時~2時15分、東京・芝公園(地下鉄御成門駅下車4分)
終了後、デモ行進。問い合わせ=03(3987)4391(全商連内)

 

(しんぶん赤旗2022年11月2日付より)