宮本徹議員は26日の衆院厚生労働委員会で、政府が健康保険証を2024年秋に廃止し、マイナンバーカードに一体化させると表明している問題を取り上げ、撤回を強く迫りました。

質問する宮本徹議員=26日、衆院厚労委(しんぶん赤旗提

宮本氏は、岸田文雄首相が表明した「資格証明書でない制度」に関わって、“紙の保険証”を一定期間持ち続けられるようにすることや24年秋以降は紙の保険証発行を有料とする案が取り沙汰されている点について、政府の認識をただしました。加藤勝信厚労相は「現時点で具体的なものを念頭に置いているものではない」と繰り返しました。

加藤氏は、宮本氏の追及に「原理原則は、保険料を払っている方がきっちりと保険医療を受けることができる、これをしっかり担保していくことが大事」と答弁。宮本氏は「その原理原則からいけば、経過措置的な制度ではなく恒常的な制度になり、新たな新保険証なるものを手にするときに有料になるというのはありえないと言うべきだ」と強調しました。

宮本氏は「何も決まってないまま、今の紙の保険証は廃止するというのは無責任で、国民に不安しか与えない」「今ある保険証の制度をそのまま使うと言えばいいだけの話だ」と批判しました。

(しんぶん赤旗2022年10月30日付より)