日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

比例5氏と東京・山添氏 力強く 共産党 躍進必ず

この記事は約2分で読めます。

緊急街頭演説 小池氏が訴え

聴衆に手を振る(左から)山添拓東京選挙区候補、にひそうへい、いわぶち友、田村智子、たけだ良介、大門みきしの各比例候補、小池書記局長=15日、東京・有楽町駅前

22日公示の参院選での勝利に向け、日本共産党は15日、東京・有楽町駅前で緊急街頭演説を開催しました。小池晃書記局長は「国会が終わり、いよいよ参院選挙です。平和と暮らしがかかった選挙で、何としても日本共産党を躍進させてください」と訴え。比例候補の田村智子副委員長、いわぶち友、たけだ良介、大門みきし各参院議員、にひそうへい前参院議員と、東京選挙区(改選数6)の山添拓参院議員が決意を表明しました。「自由と平和 未来は選べる」と書かれた新しいバナーが披露されました。

小池氏は「『比例は共産党』と広げに広げ、650万票、10%以上の実現で、5人の比例候補全員の当選を。大激戦の東京選挙区では、山添拓さんの議席を守り抜かせてください」と訴え。全国32ある1人区のうち約半分で1人となった野党候補の勝利をよびかけました。

田村氏は、岸田政権が企業に対する男女賃金格差の公表義務付けを約束したと述べ、「多くのみなさんと日本共産党の奮闘で政治は確実に動かせる」と強調しました。

大門氏は、物価高騰の原因には「アベノミクス」の「異次元の金融緩和」もあると指摘し、円安政策をストップさせ、消費税減税を実現しようと訴えました。

たけだ氏は、学生時代の友人が学費・生活費を稼ぐために働き、体を壊して退学したと語り、「大学の学費はまず半額にしよう。入学金は廃止しよう」と呼びかけました。

いわぶち氏は、岸田政権が「原発を最大限活用する」としていることを告発し、「原発も石炭火力もゼロにして、省エネと一体に再生可能エネルギーの導入を進めていく」と表明しました。

にひ氏は「生活苦や生きづらさの大本にあるのは、むごい社会の仕組みだ」として、「『憲法こそ希望』。比例候補全員を押し上げてほしい」と力を込めました。

山添氏は「憲法を壊し、戦争に導く政治をこのままにしておくことはできない」と強調。「憲法を生かす平和の選択のために全力を尽くす」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」2022年6月16日付より)

タイトルとURLをコピーしました