日本共産党の志位和夫委員長は2月4日、国会内で記者会見し、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が3日の日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言した問題について、「釈明の余地のない、恥ずかしい、愚かな女性蔑視発言だ」と厳しく批判し、「発言を撤回した上で辞任すべきだ」と主張しました。

icon-downloadクリックするとPDFが表示されます