質問する田村智子副委員長=9日、参院予算委(「しんぶん赤旗」提供)

日本共産党の田村智子副委員長・参院議員は9日の参院予算委員会で、悪質マルチ商法会社「48(よつば)ホールディングス」の淡路明人社長(当時)が、「桜を見る会」に参加し、その事実を使って被害を拡大させた問題を追及しました。安倍晋三首相は、首相の妻・昭恵氏が運営会社の取締役を務める宿泊施設「UZU(ウズ)ハウス」に淡路氏が資金提供していた事実を否定できませんでしたが、昭恵氏への事実確認を最後まで拒否しました。

同社はうその説明で仮想通貨を販売し、2017年に業務停止命令を受けました。

田村議員は、同社の壁に飾られた安倍首相と淡路氏が写った2枚の写真を示し、「総理との写真が被害を大きく広げた」と追及。
その1枚が16年の桜を見る会での写真か確認するよう4日の質問で求めていましたが、安倍首相は「個人に関する情報」などと述べ確認を拒否しました。

田村議員は、ウズハウスに淡路氏が資金提供していたと強調。
安倍首相と淡路氏が隣り合った写真を示し、資金提供者が招待されたウズハウスでの昭恵氏と花火を見る会での写真だと指摘し、「資金提供者として招待されなければ撮影できないものだ」とただしました。

安倍首相はウズハウスで花火を見たことを渋々認めましたが、「大勢でそちらに行った」「知り合いではない」とごまかしに終始しました。

田村議員は、昭恵氏の個人的事業への資金提供の見返りに花火を見る会や「桜を見る会」に招待し、首相との写真が被害を広げたと批判。昭恵氏の個人事業への功績と「桜を見る会」への招待がつながっていた疑惑だとして、「どうしてこういう事態が起きたのか昭恵氏に聞いて答えるべきだ」と重ねて強く迫りました。

(2020年3月10日付「しんぶん赤旗」より)