2019年は「桜を見る会」疑惑での野党共同での追及本部の設置・取り組みをはじめ、野党共闘が大きく前進しました。
さらに、日本共産党・志位委員長が8月に「野党連合政権構想の呼びかけ」を行い、その後、各党との間で党首会談が行われました。
志位氏は12月20日の記者会見で、「私たちの野党連合政権構想の呼びかけの方向に向けて一歩一歩前進していると考えています」との認識を表明しました。

↓クリックするとPDFファイルが開きます