神経・筋難病専門の東京都立神経病院(府中市)が「再編統合」議論の参考のためにと厚生労働省によって名指しされている問題で、日本共産党の宮本徹衆院議員は23日、同病院を訪問し院長と懇談しました。

病棟内で説明を受ける(右から)藤田、谷川、宮本氏=23日、東京都立神経病院(「しんぶん赤旗」提供)

磯﨑英治院長は「この病院の患者はほぼ多摩地域全体にわたっており、難病患者にとってどうしても必要な病院」だと強調。
難病治療がこの数年大きく前進していると述べ、難病の早期診断・治療がカギになるとし、他の医療機関への情報提供や地域のクリニックなどとの連携にも力を入れていると語りました。

昨年導入したロボットスーツ「HAL」による歩行訓練で患者の歩行距離延長効果をあげていること、神経難病への新規治療に取り組んでいることなどを紹介しました。

宮本議員は「実態とかけ離れた厚労省の424病院名リストの撤回を求めたい」と応じ、国への要望を聞きました。

希少疾患の難病医療は公的支援がないとつぶれてしまうと訴えた磯﨑氏は、「難病とはどういうものか国が正確に理解し、診療報酬上もサポートを」と語りました。

宮本議員は「今日うかがった話を踏まえ、国民のいのち・健康を守る立場で国会活動に取り組みます」とこたえました。

谷川智行・衆院東京比例候補、藤田りょうこ都議、赤野秀二・府中市議が同席しました。

(2019年12月27日付「しんぶん赤旗」より)