小金井市長選挙

森戸よう子市長候補
森戸よう子市長候補

東京都小金井市長選(8日投開票)が1日告示され、市民と無所属市議の共同に推された森戸よう子氏(63)=無所属新、日本共産党前市議=が立候補しました。

森戸候補は、現市政が国民健康保険税、保育料の値上げを市民に押し付ける一方、自然を破壊する都道計画に毅然とした態度を取れないことを批判。
「市民の暮らしを守り、誰一人切り捨てない市政、子どもの笑顔が輝き、水と緑を守る市政に切り替える」と述べ、国保税の負担軽減や、保育所増設で待機児解消を進める公約を訴えました。

「情報公開こがねい」の渡辺大三、「市民といっしょにカエル会」の片山薫の両市議、共産党の山添拓参院議員も訴えました。

市長選には現職の西岡真一郎(50)、前市議の河野律子(51)=自、公、東京維新推薦=、NHKから国民を守る党の立花孝志(52)の各氏が立候補しました。

 icon-arrow-circle-right森戸よう子 市長候補ホームページ

長谷川博道 元市議
長谷川博道 元市議

小金井市議補欠選挙

小金井市議補選(8日投開票、定数2、立候補4人)が1日告示され、日本共産党の、はせがわ博道氏(72)=元=が立候補しました。

山添拓参院議員の応援を受け、安倍政権の消費税増税、国政私物化を批判。
「高過ぎる国民健康保険税の引き下げ、コミュニティーバスの充実を。森戸よう子市長候補の議席を受け継ぎ、共産党4議席の継続を」と訴えました。

 icon-arrow-circle-rightはせがわ博道 市議候補ホームページ

(2019年12月2日付「しんぶん赤旗」より)