防災特別委設置を提案

東京都議会の議会運営委員会は26日、都議会第4回定例会を12月3日に開会すると決めました。会期は18日までです。

日本共産党の大山とも子都議は同委員会理事会で、台風被害の多発などを受けて、災害対策を横断的に調査審議する防災対策特別委員会の設置を提案。今後協議することになりました。

また、補正予算特別委員会の設置も提案しましたが、合意が得られませんでした。

定例会で都は、台風被害で国制度の対象となっていない一部損壊住宅の補修支援や、産業施設・河川の修繕・復旧の支援、東京五輪の暑さ対策などを盛り込んだ補正予算案、民営化の促進に向けた卸売市場法改悪を受けて規制緩和を進める中央卸売市場条例改定案などを提出します。

定例会開会の3日に小池百合子知事が所信表明を行い、各会派の代表質問は10日、一般質問は11日に行います。

共産党都議団からは代表質問に原田あきら都議、一般質問に藤田りょうこ都議が立つ予定です。

(2019年11月27日付「しんぶん赤旗」より)