市民と野党が力をあわせて、参院選で原発のない社会を実現しようと7日、「0707 NO NUKES! 原発ゼロ☆国会前集会」が行われました。

参加者は雨のなか「原発ゼロで野党は共闘」とコール。
野党の国会議員も参加し、「原発をなくすために頑張りたい」と訴えました。

反原連のメンバーらと一緒に「原発ゼロで野党は共闘」とコールする、共産党、立憲民主党の国会議員=7日、国会正門前(「しんぶん赤旗」提供)
主催は、首都圏反原発連合(反原連)です。代表して、ミサオ・レッドウルフさんがあいさつ。
国民の多くは原発のない社会を望んでいるのに、「安倍政権を変えない限り、原発ゼロになりません」と訴え。
参院選では、原発に反対する野党を応援し、投票率もあげて政権を揺るがしたいと語り、「私たちの力で、原発ゼロに近づけていきましょう」。

学者や著名人など、さまざまな立場の人が次つぎとスピーチしました。

元経産官僚の古賀茂明さんは、福島第1原発事故の大きな責任は、安全神話を繰り返してきた自民党にあると強調。
「しかし安倍首相は、政権についてからただの一度も反省や謝罪の言葉がない。過ちを認めなければ、また繰り返します。参院選で、安倍政権には去ってもらうしかない」

作家のキャロル久末さんは、かつて原発を推進してきた米国でさえ、脱原発へ向かっていると発言。
「核兵器と原発事故。核被害を受けた日本がなぜ執着するのか。『汚染水はアンダーコントロールされている』など、うそをつく安倍政権は許せない。選挙はチャンスです」と語りました。

日本共産党の山添拓参院議員、立憲民主党の初鹿明博、山崎誠、菅直人の各衆院議員が参加してあいさつ。社民党の又市征治党首からのメッセージが紹介されました。

山添氏は、「皆さんの声が再稼働を許さない情勢をつくり、原発ゼロ基本法案が提出されるなど政党も動かしてきました。政治を変えるため、これからもご一緒に頑張りましょう」と呼びかけました。

(2019年7月8日付「しんぶん赤旗」より)