日本共産党は6月5日、「政治分野における男女共同参画法」施行後初めての国政選挙となる参院選に向けた政策「個人の尊厳とジェンダー平等のために―差別や分断をなくし、誰もが自分らしく生きられる社会へ」を発表しました。

田村智子副委員長、笠井亮政策委員長が国会内で記者会見しました。その骨子を紹介します。

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます