台東区議選(定数32、立候補41人)が10日告示(17日投開票)され、日本共産党の、あきま洋(60)、伊藤のぷ子(66)、鈴木のぼる(46)=以上現=、山口銀次郎(31)=新=の4氏が立候補し、自公区政と対決する現有4議席の確保をと訴えました。

4候補は吉良よし子、山添拓両参院議員の応援を受けて第一声。

「安倍自公政権の憲法9条改悪、戦争する国づくりは許せない」と述べるとともに、認可保育園、特別養護老人ホームの増設や国民健康保険料の負担軽減などの公約を訴えました。

吉良よし子参院議員(右)とともに訴える あきま洋区議=3月10日、台東区
山口銀次郎区議候補(右)とともに訴える吉良よし子参院議員=3月10日、台東区
訴える鈴木のぼる区議

(2019年3月11日付「しんぶん赤旗」より)

(左から)あきま洋、伊藤のぷ子、鈴木のぼる、山口銀次郎の各台東区議候補