6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

都議選 自公に審判を下そう
北多摩3区・いび匡利候補

この記事は約1分で読めます。

宣伝する(右から)阿部、いび、山添の各氏=26日、東京都調布市

いび匡利・東京都議候補(北多摩3区・調布市議)は26日、阿部真衆院東京22区候補とともに調布市の国領駅前で宣伝しました。山添拓参院議員もかけつけました。

いび候補は、3代の知事のもとで自民・公明が、豊洲移転問題など“利権、私物化、情報隠し”の暴走都政を推進してきたことを厳しく批判。都政の「闇」を一貫して追及してきた日本共産党都議団の値打ちを語り、「自公に審判を下そう」「日本共産党の躍進を」と訴えました。

阿部候補は「森友学園」をめぐる問題、山添議員は安倍政権が狙う「共謀罪」の危険性や「働き方改革」の問題を訴えました。

この間の宣伝では、いび候補の訴えに耳を傾けながら熱心にリーフを読む青年の姿や、握手で激励する市民の姿も見られました。

(「しんぶん赤旗」2月28日付より)

タイトルとURLをコピーしました