日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

利島村議選 笹岡氏がトップ当選
得票倍増で8年ぶり回復

この記事は約1分で読めます。

利島村議選(定数6)が16日に投開票され、日本共産党の笹岡寿一氏(75)=元=は、45票(得票率19.15%)を獲得し、前回の21票を倍増させて当選しました。

村議を8期務めてきた笹岡さんは、8年ぶりの議席回復です。共産党議席が失われた中で、村民の声に耳を傾けない村政に、批判が高まり、保守系の有力者などからも、笹岡氏の村議復帰を期待する声が寄せられました。

笹岡氏は、住民が島外で医療を受信する際の交通費や宿泊費の助成拡充や、産業振興、高齢者福祉などの政策を公約。議席を失って以降も、住民要求の実現や、戦争法反対の取り組みに取り組んできた笹岡氏への幅広い応援が広がりました。

笹岡氏は選挙戦を振り返り、「みなさんの声を届けるということにとどまらず、みんなで村をつくっていこうと訴えたことに反響が広がった」と話します。

選挙戦は、前回1票差で落選した笹岡氏を当選させまいと、1人はみ出しの大激戦でした。投票率は前回を0.75ポイント上回る94.49%でした。

利島村議選開票結果 (定数6―立候補7)

当 笹岡寿一 75 共元 45票①

(投票率94.49%)

(「東京民報」2016年10月23日付より)

タイトルとURLをコピーしました