17日投開票の東京都目黒区長選で「区政をただそう目黒プロジェクト」の小泉一氏(65)=無所属新、日本共産党推薦=は2万2814票(得票率40.74%)を獲得し、大健闘しました。選挙戦では、安保法制に反対するママの会や、小泉氏を応援する勝手連ができるなど、幅広い取り組みになりました。

同プロジェクトの小田誠代表は「保育園、特養ホームをつくってほしい、青木区政を変えてほしいとの声が小泉氏に多く寄せられていた。今回の選挙は青木区政の問題点を明らかにし、手応えのある選挙だった」と語りました。

選挙結果を受けて小泉氏は「保育園待機児問題をはじめ、多くの人とつながり、世論づくりができた選挙だった。(獲得した)2万票を受け止め、今後の青木区政を監視していきたい」と話しました。

開票結果は次の通り。

候補者名 年齢 得票数
青木 英二 61 無現 33,190
小泉 一 65 無新 22,814

投票率26.02%

(「しんぶん赤旗」2016年4月19日付より)