現有9議席を確保【大田区】

全員当選。決意をかためあう大田区議団=30日、東京都大田区
9氏全員当選した大田区議団=30日、東京都大田区
26日投票の東京都大田区議選(定数50)で、日本共産党は、大竹辰治、藤原幸雄、黒沼良光、金子悦子、すがや郁恵、清水菊美、佐藤伸、福井りょうじ、あらお大介の9氏が全員当選して現有議席を確保しました。
65人が立候補した大激戦で、共産党は前回得票を5318票、率で2.31ポイント伸ばしました。
議席増をめざした自民党は2人落選で現状維持、公明党も現状維持、民主党は2人落選で1議席減(推薦1含む)となりました。
大竹氏は「『戦争か平和かが問われる選挙です』と正面から訴えたことへの区民の期待の表れです。自公民『オール与党』区政の区民いじめ・ムダ遣いにも審判がくだりました。区民の願い実現に全力をあげます」と決意を語りました。

(「しんぶん赤旗」2015年4月29日付より)