6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

【ビラ】夏期募金へのご協力のお願い

この記事は約2分で読めます。

❚ 夏期募金へのご協力をお願いします

 日頃からのご支援・ご協力に感謝申し上げます。

 裏金問題をごまかし、苦しい国民生活に背を向け、内政でも外交でも行き詰まる自民党政治に国民の怒りが大きく広がっています。

 日本共産党は、自民党政治を大本からかえる流れをつくるために、4月におこなわれた衆院3補選では独自候補を擁立せず共闘の再構築と勝利のために全力をつくし、勝利に貢献しました。

 首都東京から自民党政治を終わらせる世論をつくるためにも、6月に行われる都知事選、都議補選での勝利が決定的です。都知事選でも共闘勝利のために力をつくし、各地の都議補選でも勝利を目指します。いつ解散総選挙となっても、ただにち取り組みを開始するために、準備もすすめます。

 日本共産党が裏金問題を追及して自民党を追いつめ、国民の立場でスジを通すことができるのは、企業団体献金も政党助成金も受け取らず、活動資金のすべてを国民の浄財で支えていただいているからです。

 都知事選・都議補選に勝利し、総選挙躍進のための、夏期募金へのご協力を心からお願い致します。

2024年5月 日本共産党東京都委員会


❚ 裏面は、「企業団体献金禁止、政党助成金制度廃止」という内容です。

企業団体献金禁止、裏金問題に背を向けては政治を変えられません

 しんぶん赤旗のスクープから明らかになった裏金問題─日本共産党は自民党裏金問題の真相究明とともに、その温床となっている企業団体献金の全面禁止法案を90年代から繰り返し提案。いまや、他の野党も同じ立場です。
 国民の浄財に依拠した日本共産党だからブレずに、他の政党も巻き込み、自民党政治を大本から変えることができます。

政治腐敗のもと政党助成金制度やめよう

 「裏金の根を断つために」と政党助成金は作られましたが、実際には政治腐敗の温床となりました。
 日本共産党は「パーティ券・企業団体献金に加え、政党助成金を受け取ることによって、政治がゆがむ」と政党助成金廃止法案をくり返し提出しています。
 活動資金は、しんぶん赤旗の事業収入、党費、国民からの募金です。だからこそ、政治腐敗を追及し、自民党政治に真っ向から立ち向かえます。

タイトルとURLをコピーしました