日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

LGBT敵視の自民議員 共産党区議が批判 東京・台東

この記事は約1分で読めます。

 日本共産党の鈴木のぼる台東区議は2日の区民文教委員会で、「(児童を)同性愛に誘導しかねない」など、性的少数者の人権を侵害した松村智成自民党台東区議(同委員会副委員長)の発言(9月20日)の真意をただしました。

鈴木のぼる台東区議(しんぶん赤旗提供)

 鈴木区議は、「PTA会長を長く務めた松村区議が性自認・性的指向で苦しむ小中学生の存在を知らないのか。LGBTへの理解を優先させることに違和感というのはLGBTの存在を否定するとは考えないか」など数回にわたり質問。松村氏はすべての質問に沈黙しました。

 れいわ新選組の、ふうさわ純子区議も、同性愛をおとしめる、誤解に基づく発言について見解を示すべきだと指摘しました。

 国民民主党の大貫はなこ区議は「個人的見解として(松村発言に)反対」と意見を表明。自民党や公明党の区議は沈黙しました。

 この日、区議会自民党の石塚猛幹事長は、松村発言の訂正を求めた日本共産党台東区議団の申し入れに対し、「現段階で訂正しない」との見解を示しました。

 傍聴していたLGBT当事者は「松村区議も自民党も何もしゃべらない。あの発言で私が受けた心の傷をどう考えているのか」と怒りました。
(しんぶん赤旗2023年10月3日付より)

タイトルとURLをコピーしました