6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

ジェンダー平等宣伝 田村副委員長・坂井比例候補対話形式で 

この記事は約2分で読めます。

「共産党に期待」の声

ジェンダー平等宣伝をする(右から)田村、坂井、米倉、池川の各氏=25日、新宿駅西口(しんぶん赤旗提供)

日本共産党の田村智子副委員長・参院議員・衆院東京比例候補と坂井和歌子衆院東京比例候補は25日、東京・新宿駅西口で池川友一、米倉春奈両都議とジェンダー平等をテーマに対話形式で宣伝しました。

田村氏は性暴力・痴漢被害の問題について、市民のムーブメントで「同意なき性行為は性犯罪」と刑法改正が急速に進むなど、政治が動いていると強調しました。党都議団の実態調査アンケートが先駆的な役割を果たし、政府も「痴漢ゼロ」に向けて動いており、「駅の掲示も“痴漢に気をつけよう”ではなく“痴漢は犯罪です”と変化してきた」と力強く訴えました。

坂井氏は、男女不平等の現状を示すジェンダーギャップ指数で、日本が過去最下位になったことを指摘。「深刻なのは男女の賃金格差です」と自身の体験をふまえて告発。後から入社した男性に仕事を教えるも、給料が追い越されてしまうという話を友人たちからよく聞くと話し、「これは個人的な問題ではなく社会の構造的な問題」と強調しました。

シングルという生き方についてもテーマになり、田村氏は「所得に占める住居費の割合は単身女性が高い。欧米では当然の公的家賃補助制度が日本にはない。国会でも取り上げたい」と話しました。
演説を聞いた40代女性は「賃金格差がなくならない。共産党に期待しています」。ずっと聞いていた50代女性は「男性が変わってほしい。足を止める若い男性がいたのがうれしい」と話しました。

(「しんぶん赤旗」7月27日付より)