「市民と野党の共闘で都政転換を」とガッツポーズを取る呼びかけ人、野党代表ら。左から2人目は笠井氏=5日、東京都千代田区(しんぶん赤旗提供)

2024年の東京都知事選に向けて「市民と野党の共闘の実現で都政転換を」とのスタート集会が5日、千代田区で開かれました。主催は20年都知事選で共闘を訴えた「呼びかけ人会議」。

代表呼びかけ人の浜矩子・同志社大学大学院教授が「荒れ野で叫ぶ市民と野党の声で、世論に背く政治を退陣させ、政治に魂を吹き込もう」とあいさつ。

講演した松下玲子・武蔵野市長は「家族の転勤に伴い各地で生活し、住む所によって、中学校給食や最低賃金をはじめ政策や制度が全く違うと感じた」と政治家としての原点となるエピソードを紹介。市長として5年間、市民の声に耳を傾け合意形成を図り、保育園待機児解消、18歳までの医療費無料化、自治基本条例を実現したとして、「コロナ禍で保健所など公共の役割が重要と痛感した。市民福祉向上に尽力したい」と語りました。

日本共産党、立憲民主党、社民党、新社会党、緑の党、東京・生活者ネットの代表が、次期都知事選での小池都政の転換に向け、市民と野党の共闘に力を合わせると表明。共産党の笠井亮衆院議員は「しっかりした旗印をみんなでつくり、都民の手に都政を取り戻そう」と呼びかけました。

宇都宮健児弁護士は「東京で成果を積み上げてきた共闘のたたかいをつくるため、一緒に頑張ろう」と訴えました。

(しんぶん赤旗2022年10月7日付より)