6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

岸田政権の「国葬」強行に抗議 列島騒然 国会前1万5000人

この記事は約6分で読めます。

志位委員長がスピーチ

 

「国葬やめろ!」―北海道から沖縄まで全国各地で抗議の声があがるなか、岸田内閣は27日、安倍晋三元首相の「国葬」を強行しました。午後2時に東京都千代田区の日本武道館で「国葬」が始まると同時に、国会前では市民が大行動をスタート。識者や市民運動家、日本共産党の志位和夫委員長はじめ立憲民主党、れいわ新選組、社民党の野党各党代表が演壇でスピーチしました。「国葬」では、岸田文雄首相、菅義偉前首相が、安保法制や秘密保護法の強行など立憲主義破壊の安倍政治を礼賛しました。

「『国葬』強行するな」と国会正門前大行動に参加する人たち=27日、東京都千代田区(しんぶん赤旗提供)

国会正門前で行われた大行動には1万5000人(主催者発表)が集まり、「憲法違反の国葬反対」「安倍政治を美化するな」と声をあげました。「憲法守れ」などが書かれたプラカードが並び、学生など若い世代の参加者も目立ちました。

横浜市に住む大学4年生の鈴木択也さん(22)は、初めて国会前行動に参加しました。岸田首相が言う「国葬」の理由には何一つ納得がいかないと語り、「そもそも憲法違反である『国葬』を強行することがおかしい。反対の意思を示さないといけないと思って来ました」と話しました。

主催者を代表してあいさつした菱山南帆子さん(憲法9条を壊すな!実行委員会)は、安倍元首相は憲法と民主主義を破壊し続けてきた政治家だと指摘し、「国葬」によって「悪政を美化するわけにはいきません」と訴え。「民意を軽視して『国葬』を強行した岸田政権をみんなの力で終わらせよう」と語りました。

野党から、日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の近藤昭一衆院議員、社民党の福島瑞穂参院議員、れいわ新選組の櫛渕万里衆院議員があいさつ。参院会派「沖縄の風」のメッセージが紹介されました。

志位氏は、「国葬」強行で「済んだこと」とするわけにはいかないと強調。二点を訴えたいとして、「『国葬』が憲法違反である点は絶対にあいまいにしてはならない」と述べ、「一片の閣議決定で、憲法をくつがえすような国にしてはならない」と訴え。あわせて、岸田政権は安倍政治を礼賛し、国民に押し付けようとしていると告発し、「こんなことは断固お断りしようじゃないですか」と語りました。

その上で、「たたかいはこれからだ」「理不尽なことは理不尽だと声を上げ続けよう」と訴え、戦後最悪の「安倍政治」を国民に強要する岸田政権を終わらせ、「みんなで力をあわせて、新しい政治をつくりましょう」と呼びかけました。

さまざまな立場の市民がスピーチしました。前法政大学総長の田中優子さんは、「国葬」は大日本帝国憲法の遺物であり、法的根拠もない「国葬」を閣議決定だけで実施することは「国会の軽視、国民の無視、民主主義の破壊です」と強調。ファシズムへの道を許さないために、声をあげ続けようと述べました。

劇作家の坂手洋二さんは、国家によって国民に自粛や弔意の強制があってはならないと発言。「国葬」には、16億円超ともいわれる税金が使われると話し、「私たちは怒らないといけない。こんな政治は選挙で変えましょう」と語りました。

大行動は、幅広い団体でつくる実行委員会が主催し、総がかり行動実行委員会が呼びかけました。


「国会正門前大行動」 志位委員長のスピーチ

スピーチする志位和夫委員長=27日、国会正門前(しんぶん赤旗提供)

27日に国会正門前で行われた安倍晋三元首相の「国葬」に反対する大行動での日本共産党の志位和夫委員長のスピーチを紹介します。

みなさん、こんにちは。志位和夫です(拍手)。今日は、私たち日本共産党は、衆参の国会議員15名で参加しています。熱い連帯のごあいさつをお送りします。(拍手)

岸田政権は、国民の6割以上が反対の声をあげているにもかかわらず、「国葬」を強行しています。何が「聞く力」でしょうか。まず私は、みなさんとともに、この暴挙に断固抗議をしたいと思います。(大きな拍手)

岸田首相は「強行してしまえば済んだことになる」と高をくくっているかもしれませんが、そうはいかない。私は二つの点を訴えたいと思います。

憲法違反を徹底追及――「民主主義を守れ」の声あげ続けよう

第一は、「国葬」が憲法違反であるという問題点は、絶対に曖昧にしてはならないということです。(「そうだ」の声、拍手)

憲法14条は「法の下の平等」をうたっています。かりに安倍元首相の「国葬」をするというのであれば、なぜ安倍元首相のみを特別扱いにして「国葬」を行うのか、国民の誰もが納得できる理由を示さなければなりません。ところが今日にいたるも、岸田首相は一言もその理由を言ってないじゃないですか(「そうだ」の声、拍手)。理由もなしに安倍元首相だけを特別扱いにして「国葬」を強行する。これは憲法14条の「法の下の平等」に反して、死者を最悪の形で政治利用するものであって、絶対に許すわけにいきません。(拍手)

そして岸田首相は、「国葬」をこう定義しました。「故人に対する敬意と弔意を国全体として表す儀式」だと。「国全体として」とはどういう意味か。日本の国の主人公は国民です。ですから「国全体として」とは、「国民全体として」ということになってしまいます。「国民全体として」で安倍元首相に対する「敬意と弔意」を表す。とんでもない話じゃないですか(拍手)。これを憲法19条が保障する「思想・良心の自由」を侵害する弔意・敬意の強制と言わずして何と言うのか。絶対に許すわけにはいきません。(「そうだ」の声、拍手)

憲法違反のこれらの問題点は、「国葬」が強行されたからといって絶対に曖昧にされてはなりません。今後も徹底的に追及していこうじゃないですか(拍手)。一片の「閣議決定」で憲法を覆すような国に、この日本をしてはならない。民主主義を守る声を上げ続けようではありませんか。(大きな拍手)

戦後最悪の安倍政治の礼賛・押し付けは断固として拒否しよう

第二に、私が訴えたいのは、岸田首相は、「国葬」の強行によって安倍政治を礼賛し、安倍政治を国民のみなさんに押し付けようとしている。これを断固として拒否しようということです。

岸田首相は、「国葬」を開催する第一の理由として、安倍政権が8年8カ月続いたことをあげました。私は、8年8カ月、安倍元首相と正面から対決してきた経験を踏まえて、はっきり言っておきたい。安倍政権こそが、戦後最悪の政権だということをはっきり言っておきたいと思います。(拍手)

憲法違反の安保法制を強行して、日本を「戦争する国づくり」への暴走に駆り立て、立憲主義を破壊したのは一体誰ですか。(「安倍首相」の声)

「アベノミクス」を強行して、格差と貧困をここまでひどくしたのは一体誰ですか。(「安倍首相」の声)

消費税を5%から8%、10%へと二度も大増税をして、国民の暮らしをこんなに苦しくしたのは一体誰ですか。(「安倍首相」の声)

「森友・加計・桜を見る会」――国政私物化疑惑にまみれたのは一体誰ですか。(「安倍首相」の声)

統一協会とズブズブの癒着関係をつくり、最大の広告塔になったのは一体誰ですか。(「安倍首相」の声)

そんな政治を礼賛し、国民に押し付ける、こんなことは断固お断りしようじゃないですか。(「そうだ」の声、大きな拍手)

岸田政権を終わりに――力合わせて新しい政治をつくろう

みなさん、たたかいはこれからです。

理不尽なことは理不尽だと声を上げ続けましょう。そうしてこそ日本の民主主義を守り、民主主義を豊かにすることができます。

そして民意を無視し、憲法を無視し、戦後最悪の安倍政治を国民に強要する岸田政権はもう終わりにしようじゃありませんか。みんなで力を合わせて新しい政治をつくってまいりましょう。ともにがんばりましょう。(大きな拍手)

(しんぶん赤旗2022年9月28日付より)

タイトルとURLをコピーしました