日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

【杉並区長選・区議補選】「悪法強行に待ったの好機」小池書記局長訴え

この記事は約2分で読めます。

三浦区長候補と野垣区議候補応援

日本共産党の小池晃書記局長は21日、東京杉並区の西荻窪駅前で、三浦ゆうや区長候補(日本共産党支持、新社会党、緑の党推薦)と野垣あきこ区議候補の応援演説に立ち、「杉並の政治を変え、日本の政治を変えていく。この声を杉並から上げよう」と呼びかけました。

野垣あき子候補(左)への支援を訴える小池晃書記局長=21日、東京都杉並区(「しんぶん赤旗」提供)

区議補選は、定数2を野垣候補と自民党1人、立憲民主党1人の有力3新人をはじめ、計6人が争う大激戦。

区長選は、三浦ゆうや区長候補の他、自民、公明、民進などが推す現職、前区議ら4人が争っています。

野垣候補は、自民、公明、民進などが支える現区政による区民生活切り捨て政策を批判。
「隠れ待機児童をなくし、子どもの笑顔が輝く杉並をつくりたい」と訴えました。

小池書記局長は、安倍政権による公文書改ざん、隠ぺい、ねつ造、セクハラ問題を批判。
「『いいかげんにしろ』との声を上げるのが杉並区長選区議補選だ」と切り出しました。

会期を延長し、カジノ法案と「働き方改革」法案の強行を狙う安倍政権のたくらみを告発した小池書記局長。
「今度の選挙はこのたくらみに待ったをかける大チャンスです」と力を込めました。

吉良よし子参院議員も応援に駆け付け、「野垣さん、三浦さんの勝利で、杉並から働き方改悪法案を廃案に追い込もう」と呼びかけました。

(2018年6月22日「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました