6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

シルバー人材センター負担増 インボイスで年1500万円 宮本議員が追及

この記事は約1分で読めます。

質問する宮本徹議員=18日、衆院厚労委

政府が来年10月の開始を狙うインボイス(適格請求書)制度で、シルバー人材センターの新たな消費税負担が全国で年間200億円、1センターあたり約1500万円にものぼることが明らかになりました。18日の衆院厚生労働委員会で後藤茂之厚労相が、日本共産党の宮本徹議員の質問に答えました。

宮本氏は、シルバー人材センター関係者から、インボイス制度の適用除外などの特例か、追加的な財政支援がないと事業運営が困難になるとの切実な声があがっていることを紹介し、政府の対応をただしました。

後藤厚労相は「センターに限って税制上の特例を設けることは公平性の観点から課題がある」「どのような支援が可能か検討したい」などと答弁。

宮本氏は「大臣の考えていることではシルバー人材センターの運営は困難になる」と批判。「インボイス制度は中止しかない」と訴えました。

 

(「しんぶん赤旗」2022年5月27日付より)

 

タイトルとURLをコピーしました