日本共産党の志位和夫委員長は7月15日、国会内で記者会見し、「いまからでも五輪中止の決断をすべきだ」と強く主張しました。