日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

多彩な意見を大切に/杉並区(定数6)原田 暁氏

この記事は約1分で読めます。

支援者と当選を喜ぶ原田暁氏=4日、東京都杉並区(写真提供:しんぶん赤旗)

定数6を12人が争った杉並区。2期目をめざした原田暁さんは、午後10時すぎに当確の報を受け、事務所で支援の人々と喜びのガッツポーズ。

かけつけた支援者(60代)は、「どんな話でも丁寧に聞いてくれる。その親しみやすさを忘れずに私たちの思いを届けてほしい」と話しました。

原田さんは「″五輪より命が大事″と訴え続けるなかで、地域ごとの生きづらさが見えてきました。国政とも密接にかかわる都政から、政治は変えられることを示したい」と力を込めました。

最後の街頭演説では、党青年支部が企画して″かけあいトーク″を実施。区民から多彩な意見が寄せられるなど、最後まで有権者の声を大切にしました。

(2021年7月6日付「しんぶん赤旗」)

タイトルとURLをコピーしました