〝五輪より命守れ〟に共感/伊藤大気予定候補(墨田)を田村副委員長が応援

声援に応える(右から)田村副委員長、伊藤都議予定候補=17日、東京都墨田区(写真提供:しんぶん赤旗)

田村智子副委員長は17日夕、東京都墨田区の押上駅前で、都議選で伊藤大気予定候補を市民と野党の共同代表として何としても押し上げてほしいと訴えました。同区では立憲民主党のメンバーも伊藤氏を応援し、共同が広がっています。

伊藤予定候補は「子どもたちに犠牲を強いる五輪は中止し、コロナ対策に全力集中を」と力を込め、コロナ対策や都立墨東病院を守る政策を訴え。「政治は必ず変えられる。墨田で32年ぶりの日本共産党の、市民と野党の共同の議席を必ず」と訴えました。

「市民と野党のプラットフォームinすみだ」呼びかけ人の舩尾遼弁護士は「命と暮らしを守る、市民の代弁者が必要だ」と訴え。

「都立墨東病院を直営で存続させる会」幹事の山城重久さんは「墨東病院を守れとはっきり主張しているのは伊藤候補だけだ」と熱く呼びかけました。

「政治の流れを大きく変える都議選にしよう」と呼びかけた田村氏は、「国民の命をリスクにさらす国や都の姿勢には一歩も引かず、五輪中止を求めていく」と訴え。

「都政はビジネスのためにあるのではない。都民の命と暮らしを守るためにある。その声を伊藤候補へと寄せてほしい」「党派の違いを超えて広がっている支援の輪をさらに広げて勝ち抜かせてください。そして総選挙にその流れをつなげていきましょう」と力を込めると、拍手が起こりました。

(2021年6月18日付「しんぶん赤旗」より)