日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

自公都ファ「五輪中止」陳情不採択/共産党は採択を主張

この記事は約2分で読めます。

都議会文教委員会

学校観戦中止を求める斉藤都議=28日、都議会文教(写真提供:しんぶん赤旗)

東京都議会文教委員会で28日、東京五輪・パラリンピック問題の質疑が行われ、大会中止を求める陳情を自民党、公明党、都民ファーストの会などが反対し、不採択としました。日本共産党と立憲民主党は賛成しました。

共産党は、斉藤まりこ都議が、「学校連携観戦」について保護者や教員の声などを紹介し、子どもたちを危険にさらす観戦動員の中止を求めました。

五輪中止を求める陳情では、とや英津子都議が、世論調査で6~7割が中止を求め、WHO上級顧問の医師も「できる状況にない」と述べていることを紹介。アスリートや大会関係者に毎日PCR検査を最大5万~6万件見込む一方、都内の検査数は5月中旬以降1万回を超えたのは2日間のみだとし、「都民はもとより世界中の人が不信を募らせているのではないか」と、都の認識を追及しました。

都側は、関係方面と調整しながら安心・安全な大会をめざすとの答弁に終始しました。それに対し、とや都議は「安全・安心なのは(五輪関係者を外部と遮断する)バブルの中であって、外にいる都民ではない。都民は満足に検査も受けられない。変異株の脅威にさらされている都民の命と健康を最優先にすべきではないか」と陳情採択を主張しました。

自民、公明は意見表明もせず、都民ファは「延期も含むあらゆる選択肢を」と述べながら採択に反対しました。

不採択を受け、とや都議は「都民に対し各党の態度が問われるのに、まともに意見を述べたのは共産党だけだった。世論と都議会構成の乖離(かいり)を、都議選で逆転させたい」と述べています。

(2021年5月30日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました