6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

感染対策逆行を転換せよ 労働者後援会が街頭宣伝

この記事は約2分で読めます。

坂井比例候補、そね都議が訴え

訴える、そね(中央)、坂井(右端)両氏=21日、池部袋駅東口(写真提供:しんぶん赤旗)

日本共産党全国・全都労働者後援会は21日、坂井和歌子衆院東京比例候補、そねはじめ都議とともに豊島区の池袋駅東口で「新型コロナウイルス封じ込めへ、ワクチン接種、大規模検査、十分な補償の強化を」と訴えました。

そね氏は「PCR検査、病床拡充、ワクチン接種が日本ではあまりに遅れている。夏の東京五輪を中止し、検査能力をフル稼働して1日10万人の検査でコロナ封じ込めを。都の協力金の速やかな支給と拡充を」と話しました。

坂井氏は「市民の声と野党の共同で、出入国管理法改定案を断念に追い込んだ。自公などは病床削減法案を強行した。コロナ対策に逆行する政治を変えるため、共産党を都議選で大きく伸ばし、総選挙で政権交代を」と訴えました。

全国労働者後援会の小畑雅子代表委員は「『看護師の五輪派遣は困る』の声が広がっている。都議選・総選挙で、共産党と一緒に政治を変えよう」と呼びかけました。

全都労働者後援会の荻原淳代表委員は「コロナ対策を強めるべき時に、菅自公政権は病床削減、高齢者医療費窓口負担2倍化法案を強行しようとしている。悪法を許さず頑張る共産党ヘご支援を」と述べました。

(2021年5月26日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました