保坂区長(左端)に申し入れる里吉都議(中央)と党区議団ら=18日、東京都世田谷区(写真提供:しんぶん赤旗)

日本共産党東京都世田谷地区委員会と党世田谷区議団、里吉ゆみ都議は18日、保坂展人区長に会い、新型コロナウイルスの感染第4波が収まらない中で、夏の東京五輪中止を求める声を自治体から上げるとともに、ワクチンの安全・迅速な接種を進めるよう申し入れました。

申し入れでは、米国選手団キャンプや聖火リレーの受け入れが大きな負担になるとして、「感染症対策と五輪は両立しない」と強調。 ワクチン接種について、高齢者から「予約電話がつながらない」という声が寄せられていることを紹介し、電話回線の増強や、まちづくりセンターでの予約支援など体制を強化し、接種から取り残される人を出さないよう求めました。

PCR検査を大規模に進めるとともに、困窮する事業者の支援へ給付金・協力金の拡充を国・都に強く求めるよう訴えました。

保坂氏は五輪について「区民の健康第一で、区の権限、責任でできることは判断したい」と回答。ワクチン予約と相談の電話回線を分けるよう指示したこと、医療機関支援の補正予算案を編成することを明らかにしました。

(「しんぶん赤旗」2021年5月19日付より)