4候補を応援する田村参院議員(右)=18日、東京都小金井市(写真提供:しんぶん赤旗)

田村政策委員長が全員勝利へ応援

21日投票の東京都小金井市議選で、日本共産党の水上ひろし、たゆ久貴=以上現=、森戸よう子=元=、寺内だい作=新=の4候補は、田村智子参院議員・政策委員長とともに「4人全員の当選でコロナから市民の命を守り、暮らしに寄り添う市政へと変えていこう」と訴えました。

4人を代表して訴えた、たゆ候補は、PCR検査の拡充はコロナ対策の最大のカギであり、検査拡充を求める市民の陳情に賛成したのが政党では共産党だけだったと指摘。医療機関などでの定期的検査、かかりつけ医によるワクチン接種、生活・営業支援の抜本的強化、困窮学生への支援を実現しようと呼びかけました。

田村氏は、コロナ禍に対して「打つ手はある。検査と医療と規制に対する補償を中途半端ではなく本気でやれと求めねばならない」と強調。これまでの自民党政治のもとで小金井市も含めて保健所が大幅に減らされて、コロナ対応や本来の役割が果たせなくなったと述べ、「いのちとくらしを守る政治、自治体へと今こそ変えていこう」と訴えました。

同市でフードバンク支援を行う青年(29)が「若者の実態は深刻。共産党の議席を伸ばして負担軽減を」と応援しました。

(2021年3月20日付「しんぶん赤旗」より)