東京都は22日、新型コロナウイルス感染症をめぐって、小池百合子知事による人権啓発動画を都の公式動画チャンネルで公表しました。

日本共産党都議団の大山とも子団長は23日、「都知事選の真っ最中に、候補者の一人である知事が自らの名前と顔の売り込みにつながる映像を都の公式動画チャンネルで流すのは、新型コロナ対策の選挙利用と言われても仕方ない」として抗議し、直ちに改めるよう求める談話を発表しました。

談話では、新型コロナによる差別をやめるよう人権啓発をするのは大事だとしつつ、知事選が行われている最中であり、「都として人権啓発映像を流すなら、小池知事の名前と顔を売り込むようなものにすべきではない」と指摘。

小池知事が知事選の告示第一声(18日)を都庁内で行ったことについても、「公務と政務・選挙を区別できない公私混同ではないか」との批判や疑問が上がっていると強調し、「新型コロナ対策の自らの政治的思惑への利用、公私混同した選挙活動」を直ちに改めるよう求めています。

(2020年6月25日付「しんぶん赤旗」より)

icon-arrow-circle-o-right都議団抗議文全文「小池知事のコロナ対策の政治利用、公私混同の選挙活動に抗議する