地元の理解を得ないまま都心上空を低空で飛行する羽田空港の新ルートで1月末から、初めて実際に乗客を乗せた旅客機が試験飛行しました。
試験飛行を地上で体験した住民からは、「こんなに低く飛ぶとは思わなかった。大きすぎる」、「この轟音が毎日続くなんて耐えられない」、「近すぎて怖い。ビルにぶつかりそう。ありえない」など、驚きと怒り、不安の声が続出しています。

↓クリックするとPDFが表示されます