6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

【杉並区長選】三浦ゆうや市長候補で区政転換を

この記事は約1分で読めます。

東京都杉並区長選が17日告示(24日投票) されます。

弁護士で「つながる会・杉並」の三浦ゆうや候補(34) =無所属新、日本共産党支持、新社会党、緑の党推薦=は「区民の声を聞かない現区政を転換し、憲法を守り生かした個人の人権を守る杉並をみんなでつくろう」と呼びかけて奮闘しています。

三浦ゆうや候補(「しんぶん赤旗」提供)

区長選には三浦氏と、現職で自民、公明、民進などが推す田中良氏(57) 、1人会派区議の木梨盛祥氏(68) らのあらそいの見込みです。

現区政は、公用車の長時間・私的利用や23区で唯一1,000万円を超える政治資金パーティーを繰り返すなど政治を私物化し、公共施設を廃止し、区民に負担増を押し付けて516億円もためこみ金をつくっています。

三浦氏は、保育園や児童館、高齢者施設を守り、国民健康保険料・介護保険料の負担軽減などくらし優先の区政実現を訴えています。

また、弁護士としてブラック企業とたたかってきた経験を生かし、労働者を支援し、安倍政権の9条改悪に反対し、人権・民主主義を守り生かした区政の実現を強調しています。

(2018年6月16日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました