いっせい宣伝に激励~足立区

日本共産党東京都足立地区委員会は23日、憲法改悪反対の全都斉宣伝行動で、そぷえ元希副地区委員長を弁士に宣伝カーを運行し、3000万人署名を呼びかけました。

団地前で訴える、そぶえ元希福地区委員長=23日、東京都足立区
激励の手振りが各所で見られ、演説が終わると聴衆が近寄ってきて、ある男性は「このままでは日本がダメになってしまう。共産党の追及に期待している」と語りました。

別の男性は「自民党はダメ。共産党支持というわけではないが頑張ってほしい」と署名に応じました。

署名行動にも勢いがつき、足立区ではこの日の行動で累計1万4629人分に到達しました。

党市議団などが調布で宣伝

東京都の日本共産党調布市委員会と党市議団は18日、京王線調布駅前で、9条改憲反対3000万人署名と森友公文書改ざん問題を訴える宣伝に取り組み ました。

午後1時からの宣伝署名行動には市内各地から13人の党員・後援会員が参加し、約1時間行動しました。

参加者が森友公文書改ざん問題と9条改憲反対のチラシを配りながら、3人の市議が交代で次々と訴えました。

通行人らが署名に応じ、激励の声をかけてくれる人の姿もありました。

この日の行動では23人分の署名が集まりました。

(2018年3月25日付「しんぶん赤旗」より)