日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

小池知事の市場移転問題の基本方針について

この記事は約1分で読めます。

小池知事の市場移転問題の基本方針について、日本共産党都議団・大山とも子幹事長が発表した談話を紹介します。


小池知事の市場移転問題の基本方針について

2017年6月20日
日本共産党東京都議会議員団
幹事長 大山とも子

一、本日、小池知事が、市場問題の基本方針を発表しました。知事が、基本方針で「築地を守る」としたうえで、築地を売却せずに市場としての機能を確保するための方策を見出していきたいと述べたことは重要です。

一、豊洲移転の方針には、二つの重大な問題点があります。
一つは、「食の安全・安心」をどう確保するのかということです。豊洲新市場は土壌も地下水も環境基準以下にするという無害化を達成できず、無害化を達成するための対応策も示されていません。
いま一つは、「築地ブランド」をどう守っていくのかということです。それを担っているのは仲卸の目利きの技です。豊洲移転では、仲卸業者の激減が起こりかねないと思います。

一、知事が、「食の安全・安心」に責任を負い、「築地ブランド」を守るというなら、豊洲移転の方針を再検討し、築地市場の現在地再整備のあり方を市場業者のみなさんと協議すべきです。

以上

タイトルとURLをコピーしました