舛添都知事の説明に納得できるかなど、アンケートをとる共産党都議団=2日、東京・新宿駅東口
舛添都知事の説明に納得できるかなど、アンケートをとる共産党都議団=2日、東京・新宿駅東口

発言は説明になっていない

「自らの疑惑について、『弁護士に依頼した』とするだけで事実を語らうに済ますことが許されるでしょうか」-。東京都の舛添要一知事の高額海外出張費や公用車での別荘通い、政治資金疑惑に都民の批判が高まっているもとで、日本共産党都議団(吉田信夫団長、17人)は2日、JR新宿駅東口で都民の意向を問うシール投票に取り組みました。

吉田氏ら都議団が勢ぞろいし、舛添知事は相次いで疑惑が発覚したにもかかわらず、6月1日の所信表明でもわずか3分間しか言及しなかったと紹介。「本会議の代表質問・一般質問や委員会で都民の意見を示していきます」と述べ、二つの設問「知事が弁護士に調査委託 納得できる/できない」「知事の進退について 辞めるべき/辞めるべきでない」への協力を呼びかけました。

1時間半の行動で約400人が投票。知事は「辞めるべきだ」とした人が85%の343人だったのに対し、「辞めなくてよい」は34人でした。知事が弁護士に調査委託したことに「納得できない」とした人が97%の418人だったのに対し、「納得できる」は15人でした。

(「しんぶん赤旗」2016年4月5日付より)


都議団によるまとめは以下の通りです。

舛添都知事の公私混同問題でのシール投票の結果について

 日本共産党都議団は、舛添都知事の高額な海外出張、公用車での別荘通い、政治資金の私的利用などに関して、知事の進退、知事が説明せず弁護士に調査委託したことについて、シール投票をおこないましたので、その結果をお知らせします。

実施日時 6月2日(木)17:00 ~ 18:30

実施場所 新宿駅東口

知事の進退について(総数 408)

辞めるべきだ 辞めなくてよい わからない
枚数 343 34 31
割合 84% 8% 8%

知事が説明せず、弁護士に調査委託(総数 433)

納得できる 納得できない
枚数 15 418
割合 3% 97%