参加者の激励にこたえる田村、山添両氏=23日、東京都文京区
参加者の激励にこたえる田村、山添両氏=23日、東京都文京区

「東京で比例第1党めざす」若林義春党都委員長があいさつ

戦争法廃止へ参院選での野党勝利、日本共産党の躍進をと23日、山添拓参院東京選挙区候補(弁護士)の事務所開きが、都内で行われました。山添候補、田村智子参院議員・比例候補が、比例代表での躍進、東京選挙区での議席獲得へ決意を表明しました。

主催者あいさつで若林義春党都委員長は、首都・東京のたたかいで、比例110万票以上を獲得し自民党を抜き第1党をめざす選挙だと述べ「比例代表の大きな躍進を果たし、東京選挙区で吉良よし子参院議員につづき山添拓さんの初議席を」と訴えました。

党中央委員会から小池晃副委員長・参院議員があいさつ。野党5党の合意にふれ、国政選挙で全国規模の野党協力を確認したのは歴史的だとし、選挙戦の様相も自民・公明・おおさか維新の会と、「戦争法廃止」の野党共闘のたたかいになると述べ、「戦争法を廃止し、立憲主義をとりもどす、これほど大義のある共闘はない」と強調しました。

戦争法廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を各党共通の選挙公約とすることなどを確認した同日の5党の幹事長・書記局長の協議について報告。安倍政権の暴走と対決する立場で対案を示し、野党との共闘、市民との共同を大切にし、自公政権に代わる国民連合政府を掲げる共産党が伸びてこそ、野党共闘も進み安倍政権打倒もできるとして「比例代表で共産党の値打ちを思い切ってひろげ大波を起こし田村さんをはじめ8議席以上を、東京選挙区で山添さんをなんとしても当選させよう」とよびかけました。

日本弁護士連合会元会長の、宇都宮健児弁護士が来賓あいさつし「山添さんを弁護士の代表、若い人の代表として未来に希望を持てる社会をつくってほしい」と訴えました。野党5党合意について「市民の戦争法廃止を求める運動がさらに広がる」と期待を表明しました。

労働団体、女性、青年、弁護士、市民グループなどの代表が「東京から田村さん、山添さんを押し上げよう」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」2016年2月25日付より)


◆ 事務所開きでの田村智子参院議員・比例候補の決意表明はこちら
◆ 事務所開きでの山添拓東京選挙区候補の決意表明はこちら