6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

小池・谷川両氏が医療相談 都内で支援活動

この記事は約1分で読めます。

 日本共産党の小池晃書記局長と谷川智行衆院東京比例・同4区候補は30日、東京都内の各地であった生活困窮者支援活動に参加しました。医師の2人は、医療相談で訪れた人たちの血圧を測るなどしていました。

 小池書記局長は、新宿区の都庁前であった支援現場で、約10人に対応しました。風邪症状や腰痛を訴える人がいる中、高熱があっても医療費が払えないという人には、無料低額診療をしている医療機関を紹介していました。また、同区内の別の場所の支援現場では、近所で倒れたという65歳の男性と、今後の生活について話し合っていました。

 両氏は、29日の「てのはし」の取り組みにも医療スタッフとして参加しました。

(しんぶん赤旗2023年12月31日付より)

タイトルとURLをコピーしました